のれん分けと人事考課制度は独立支援制度ドットコムにお任せください。

のれん分けと人事考課制度はお任せください

独立支援制度ドットコム

    〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-18-16-7F

お気軽にお問合せください

03-5405-2815

独立時の店舗譲渡

独立時の店舗譲渡

分社化やリースで譲渡する方法もある

のれん分けにより、独立者へ既存店を譲渡しようとする際、必ず問題になるのが「独立者がその資金をどうやって調達するか」です。

 

飲食店など投資額が大きいものは、譲渡するにも金額が高すぎて、のれん分けによる独立希望者の自己資金だけでは足りません。

資金調達をしても足りないでしょう。

 

その場合、どうするのか。

主な方法は次の3つです。

 

 分割で支払う

 リース会社が物件を買い取る

 分社化することで資産を移動する

 

1については、例えば毎月売上から支払うという形を意味しています。

例えば5年つまり60回分割払いということです。

本部に返すケースもあれば、特定の方々から借りて返すというケースもあります。

 

次に2と3ですが、これは分割支払いだとまとまった金が入ってこないので、次の出店ができないから避けたいという企業様向けです。

1店舗を譲渡すれば、1店舗分の売上が下がります。

独立支援制度ドットコムでは、利益体質にすることを薦めているにせよ、できれば1店舗を売却し、その金額で次の出店をしたいと思うことでしょう。

2はリース会社が既存店を買い取り、それを独立者にリースするという方法です。

実際には店舗資産はリース会社のものになってしまいますが、独立希望者が了承するなら、こういった方法も利用できるでしょう。

3は分社化し、そこの社長に独立者をするという方法です。

資産も負債も移動することで、独立希望者は自己負担なく、既存店を所有する会社の社長になれます。

この分社化に「銀行から借入れをする方法」や「自己資金を投入させる方法」を組み合わせることも可能です。

 

新店であってもやり方によっては譲渡できます。

独立支援制度ドットコムでは、のれん分けにより既存店や新店を譲渡する手法もご案内し、貴社と独立希望者にとって最適なご提案をします。

税務・労務・法務の専門家と多店舗化の専門家が揃うガルベラ・パートナーズ・グループだからこそできる、のれん分け法です。

のれん分けについて検討する企業様はお気軽にご相談ください。