独立支援制度・人事考課制度・のれん分け制度の導入

独立支援制度ドットコム

〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-23-6 RBM虎ノ門ビル7階
 東京メトロ日比谷線「神谷町」駅より徒歩3分

【東京事務所】

03-5405-2815

営業
時間

9:00~18:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください。

2021年8月のブログ

一貫性のなさは約9割が転職理由に

今回は、直近1年で初めて転職を行った20代会社員108名を対象に、「経営理念と人事評価制度の一貫性に関する実態調査」を行いました。
結果として、転職前の会社に対して、約半数の人が経営理念と評価制度が「一貫していなかった」と感じていたことがわかりました。
また、約9割もの人が経営理念と評価制度の一貫性の無さが転職理由に「影響している」と回答し、一貫性の無さによって「ストレスがたまった」や「会社に誇りを持てなくなった」、「エンゲージメントが下がった」などの影響を受けていたことがわかりました。
さらに、経営理念と評価制度の一貫性が、モチベーション高く働くために「重要である」と回答した人は約8割、経営理念と評価制度が一貫している会社に「魅力を感じる」と回答した人は約9割いたことから、「経営理念と人事評価制度の一貫性」の構築が自社に人材を呼び込む施策にもなり得るでしょう。
(PR TIMESより一部抜粋)

これは巷の人事制度作りに問題があるのだなと感じる調査結果でした。
この背景にあるのは、評価項目を作る際に、サンプルを利用する企業が多いせいではないかと思います。
実際に私どもが提案する際にも、サンプルや他社事例の有無を聞いてくる企業もいますが、弊社は基本的にサンプルや他社事例をお見せしません。
オーダーメイドで人事制度を作る弊社としては、理念や行動指針などを掘り下げ、そこから評価項目を生み出すようにご支援するので、サンプルなどが必要ないのです。
ここ5,6年、弊社へ人事制度の依頼が増えていますが、弊社では理念と人事制度に一貫性を求めると共に、オーダーメイドで企業の問題解決に役立つ人事制度づくりに一貫性を持ちながら、ご提案していきたいと思います。

大福やサンド専門店続々

2019年創業の「覚王山フルーツ大福 弁才天」は今年6月、神戸市中央区の大丸神戸店に出店した。
温州ミカンやイチジク、キウイ、イチゴなど、季節の高品質なフルーツを丸ごと使った手包み大福を売る。
直営とのれん分けし、全国で50店以上を展開する。
「萌え断スイーツといわれるのは、本当は嫌なんですけどね」と笑う大野淳平代表。
広告代理店から独立し、小売業のコンサルタントなどを経験した。
「餅切り糸」を考案し、「今やおいしいのは当たり前。
SNSで発信されながら、文化としてフルーツ大福を育てたい」と展望する。
(HYOGO ODEKAKE PLUSより一部抜粋)

名古屋で見かけて売れているな~と思ったお店が、のれん分け制度を利用して展開しているとは知りませんでした。
上記の記事では、フルーツ大福以外にフルーツサンドも取り上げていましたが、近年SNSで火が付くスイーツブランドが一気に店舗展開し、しばらくすると下火になっていくケースも見受けられます。
これらは店舗展開のスピードを考えてもフランチャイズ展開が多いと思いますが、のれん分けや独立支援制度の方が、そのブランドや商品に対する熱意があり、耐え抜けるケースも多い。
業界NO.1になるためには、スピード展開が必要ですが、いざという時に脆い。
第三者に対するフランチャイズと独立者とフランチャイズ契約を結ぶ独立支援制度。
どちらを選ぶかは、将来のビジョン次第かもしれません。

新着情報

2019年7月22日

東京事務所を移転しました。

2015年9月1日

東京事務所を移転しました。

2015年4月14日

ホームページをリニューアルしました。

社会保険労務士・税理士募集中!