独立支援制度・人事考課制度・のれん分け制度の導入

独立支援制度ドットコム

〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-18-16 虎ノ門菅井ビル7階
日比谷線「神谷町」駅より徒歩1分

【東京事務所】

03-5405-2815

営業時間

9:00~18:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください。

独立支援制度とは

独立支援制度とは

独立支援制度は、「のれん分け」や「社内フランチャイズ」ということもあります。

独立支援制度とは長年勤めた社員に店舗の屋号などの使用を許可し、独立を支援する制度です。

近年は、フランチャイズシステムを社員の独立支援に利用するようになってきました。

事例でいいますと、一定の勤続年数、自己資金などの条件を満たす社員とフランチャイズ契約を結び、直営店を譲渡、運営委託、開業の支援をするケースが多いようです。
 
上記で記載しているフランチャイズとは、特権を意味します。
本部(フランチャイザー)が所有する、ブランド・ノウハウ・情報・独自の商品・サービスを利用する特権を得る代わりに、加盟店(フランチャイジー)は、ヒト・モノ・カネという経営資源を投入し、一定の対価を支払います。
 
独立支援制度では、独立希望者が用意するヒト・モノ・カネに対し、どのような本部支援があるかが重要になります。
支援体制だけでなく、独立支援制度を構築する目的も様々なパターンが考えられます。

 

本部も独立者も成功するような支援体制を整えたい方は一度、無料相談をご利用ください。
また、独立支援制度に関する無料相談をご利用の際にお時間を短縮されたい方は、独立支援制度お見積りチャートをご利用ください。

独立支援制度の特徴

独立支援制度には、下記のような7つの特徴があります。

人材採用に有利

人材募集サイト(@typeやジョブセンスなど)では、独立支援をしている企業に応募するという選択肢があります。
独立を目指す方の専用サイトも存在するほど独立支援制度はニーズがあります。

大手企業と同様の人材募集費をかけず、優秀な人材を確保することが可能です。
また採用後のミスマッチも無くすことができ、人材採用での失敗が激減します。

情報漏えいの防止

人間関係や転勤などを理由に転職する社員が、競合他社に転職した場合、ノウハウや企業情報が流出する恐れがあります。
独立支援制度の導入によって、外部にノウハウなどを流出せず、継続的な関係を築くことが可能です。

不採算店舗が無くなる

独立希望者に独立支援制度の対象店舗として不採算店舗を譲ります。
注意点としては、独立した場合にその店舗が健全な経営状態になっていることです。
譲るだけでもそうなるケースもありますが、独立へのプログラムに収益力回復を盛り込むなど解決する方法はあります。
また、独立希望者にとっては、実績のある店舗を引き継ぐため、創業資金や助成金が得やすいというメリットもあります。

経営資源を持たない経営が可能

経営資源である、ヒト・モノ・カネを保有せずに、利益を得ることができます。
(ロイヤリティー収入や商材フィー、スケールメリットも現れます)
特に売上が上がらないのに、人件費だけは右肩上がりという企業様には効果的です。
既にフランチャイズ展開をしている企業様を中心に、上場企業の中には、中長期的な視点からも独立支援制度を導入している企業が多数存在します。

従業員の満足度向上

独立支援制度の導入によって、目標が出来ることで今まで以上に社員のモチベーションが上がり、独立を考えていない社員へも良い意味で影響します。
独立するしないに限らず、ストックオプションの導入など様々な満足度向上法もご提案いたします。

従業員の成長

独立支援制度の導入することで社長の考える「あるべき社員像」に近い存在が多数表れ始めます。
また、管理職のマネジメント力向上に役立ちます。

社会的信用度の維持・向上

リストラは、社会的信用度を下げる恐れがあります。
その点、独立支援制度であれば独立により人材はいなくなりますが、社会的信用度は
下がらず、独立者の活躍によってはむしろ社会的信用度の向上にも繋がります。

制度づくりについては私どもがご支援いたしますので、お気軽にご相談ください。

独立支援制度構築前にすべきこと

 独立支援制度を構築する上で、まずすべきことは、商標登録です。
 

商標登録により、商標権を得り、商標を半永久的(10年ごとに更新)に独占できます。
商標の対象は「文字・図形・記号もしくは立体的形状もしくはこれらの結合又はこれらと色彩との結合であって、商品及び役務(サービス)に使用されるもの」です。

独立支援制度でもフランチャイズでも同様ですが、加盟金やロイヤリティを徴収する場合、その対価の1つがブランドです。
ブランドを利用できる対価として、金銭をいただく場合、そのブランドが商標登録されていなければいけません。

 

商標登録をしていなかったものを、登録しようと試みた場合、既に登録されていた時はどうなるのでしょうか?
つまり、商標登録されているとは知らずにそのブランドで展開していたとしたら・・・


「過失の推定」として、差止請求や損害賠償請求などが行使される場合があります。
過失の推定とは、登録されていることを知らない自体に問題があるということです。

更に、商標権の侵害による罰則は、5年以下の懲役又は500万円(法人は15000万円)以下の罰金となります。

ただし、例外もあります。
それは、以前からその商標を使用しており、そのことが世間で広く認められているような場合は、例え、相手が商標登録したものでも、先使用の抗弁(商標法32条)により使用することができます。

商標登録後は、独立支援制度の契約書に商標に関する侵害についてなどを記載する必要があります。

 

これから独立支援制度を構築しようという方は、まず事前準備として、現在展開しているブランドの商標登録からはじめましょう。

また、私どもでも商標登録も独立支援制度の構築をご支援いたしますので、お気軽にご相談ください。

お問合せ・無料相談はこちら

お電話・お問合せフォームよりご質問・お問合せを伺っております。
どうぞお気軽にお問合せください。

お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 相談したい時はどうしたらいいんですか?
  • 結局費用はいくらかかりますか?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
ご相談をお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちら

【担当】北原 【受付時間】9:00~18:00(土日祝を除く)